結果報告📣【冬休み】花マルあつめてプレゼント!キャンペーン
見出し画像

結果報告📣【冬休み】花マルあつめてプレゼント!キャンペーン

【コクヨ】しゅくだいやる気ラボ

2021年12月25日から2022年1月10日にかけて実施した【冬休み】花マルあつめてプレゼント!キャンペーン、多くのユーザーにご参加いただき無事に終えることができました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました😂今回、プレゼントお申込み時のアンケート回答とやる気ペンデータから見えてきたキャンペーン活用状況をまとめてみましたので、ご紹介いたします。

冬休みの“やる気”動機づけ、87%は【効果あり】

画像6

プレゼントの応募条件を達成されたユーザー向けに行ったアンケートでは、87%が「キャンペーンが冬休みの“やる気”動機付けに効果があった」と回答。「とても効果があった」は過半数と、とてもうれしい結果となりました。具体的にどのような効果があったのか?どのような良い変化があったのか?を、アンケートに寄せられたエピソードから抜粋してご紹介します。

効果1:ゴホウビによる行動の変化🎁

しばらくやる気ペンを使わなかったのですが、ご褒美が貰えるんだって!と伝えたらやる気ペンを使って頑張るようになりました。
ご褒美あると燃えるタイプだったのか今までにない勉強量になった。

効果2:声掛け・コミュニケーションの変化💕

姉妹で「今日はやる気ペン使った?」と声かけしながら頑張りました。
兄妹で、頑張ろうな、と声をかけ合いながら勉強していました。
いつもは花丸つけて、とは言って来ず親が夜見て花丸をつけているが、
今回は花丸つけて〜とよく言いにきました
ちょっと面倒になったくらいの日は、花丸あと2個なんだけどなー!と言うと効果ありでした!

効果3:花マルによるモチベーションアップ🔥

花丸が大好きなので、モチベが上がりました!
花丸が並んでいる様子を見るだけで、意外にもモチベーション上がるものですね。
花丸が溜まっていく様子を毎日嬉しそうに確認していました。

効果4:日ごろのがんばりが実る🍒

気づいた時が終了前日で、ギリギリ10回いっててラッキーという状況でした。それなりにやる気ペン使って勉強してた成果だね!となりました!

…などなど。ゴホウビがモチベーションになることはもちろんですが、それ以外にもきょうだい間や親子コミュニケーションの変化、花マルが並ぶことによるがんばりの見える化がもたらす効果も垣間見ることができました。

条件達成者のIoTデータ分析

続いて、キャンペーン期間中のしゅくだいやる気ペンIoTデータについて調べてみました!条件達成者が期間中に獲得した花マルの数(=やる気ペン使用日数)は、平均して13.6コ(中央値14コ)。これは全日数の約8割にあたり、おおよそ4日学習したら1日休む、といったペース配分のお子様が多かったのかもしれません。また、条件達成者がしゅくだいやる気ペンを使用した時の1日当たりの平均使用時間は78分(中央値58分)だったことが分かりました。

画像5

画像5

キャンペーンクリアの条件は花マル10コ(10日)なのですが、それを大きく上回る使用日数となっており、しっかり計画的に学習されていたようです✨使用時間に関しては特に条件は無かったのですが、こちらの結果からもユーザーのがんばりが見られます😂

キャンペーン後にも、効果あり

やる気ペンチームが気になっているのは、キャンペーン期間中のIoTデータだけではありません!今回はキャンペーン終了後の1月1日~31日の3週間分のIoTデータも調べてみました。すると、条件達成者のキャンペーン終了後の使用日数は、平均して14.5日(中央値16日)。これは全日数の約7割にあたります。続いてしゅくだいやる気ペンを使用した時の平均使用時間ですが、こちらに関しては68分(中央値55分)だったことが分かりました!

画像5

画像5

つまり、キャンペーン期間中(=冬休み中)に比べて若干のトーンダウンは見られるものの、冬休み明けに学校が始まった後でも多くのユーザーが継続して家庭学習を行っているということが分かりました。アンケートで【もともと学習習慣があった】と回答していたユーザーは全体の13%だったことを踏まえると、今回のキャンペーンをきっかけに火が付いた「やる気」は、キャンペーンが終わった後も多くのユーザーでしばらく効果が持続していたと言えるのではないでしょうか🔥🔥🔥

しゅくだいやる気ペンの機能を活用したやる気応援📣キャンペーン、やる気ペンチームでは今後も考えていきたいと思っています!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
やる気パワーをありがとうございます◎
【コクヨ】しゅくだいやる気ラボ
【“親子の学び”応援メディア】教育専門家の方々へのインタビュー、しゅくだいやる気ペン活用術やIoTデータを使った調査報告など、家庭学習を通じたより豊かで愛情あふれる親子関係づくりをサポートする記事をお送りします。